2015年11月06日

「Microsoft Small Basic」の新版を使ってみる(37) - 日記帳の投稿日に連動するカレンダー


今回は投稿済みの記事を順次表示する機能を付加し、記事の投稿日により表示するカレンダー月を変更する日記帳アプリ(途中経過版)です。


多数のコード追加もありましたが、既存部分にも手を加えています。「Small Basic」でどこまでできるかを確認するのが目的なので、ソースコードを見る必要はないと思いますが、確認アプリのソースを全て掲げます。

メインと「Calendar」



「GetRecentDiaryID」、「DialyTableInitialize」、「DialySearchBox」



「DialyInputPanel」、「ButtonList」



「Button_Proc」、「Publish_Proc」



「PrevNext_Proc」、「Add_Proc」、「Read_Article」



「CopeMonth」、「CrLfTrans」



「CrLfTransV」、「GetMonthDays」



「GetDayColor」、「GetWeekDayPosition」、「Get1stDayPosition」



「SetMonthDaysArray」




最終的な実行結果はこちらです。



 
posted by 鎌倉太郎 at 18:35| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-プログラミング言語 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック