2015年11月04日

「Microsoft Small Basic」の新版を使ってみる(35) - カレンダーに日付毎に作ったボタンとそのイベント


前回に造った「今月のカレンダー」アプリを改訂し、カレンダー内に日付毎に作ったボタンをクリックすると、そのイベントを取り込んで何らかの表示ができる事を確認するアプリです。同様な仕組みはこちらの「連続再生できる音楽プレーヤー」アプリで既に使っていますが、次回以降で日記帳アプリとの連携に繋げていきます。



確認アプリの改訂した部分のソースはこちらこちらです。



ボタンクリック後の処理「Button_Proc」を入れただけで、殆ど同じなので改訂した主要部分を赤線で示します。本来は不要ですが、前回とほとんど変わらない事を示す意味で、ボタン化していないカレンダー表示も残しておきます。

「押されたボタンとキャプション」のボタンは今回の範囲では不要ですし、クリックした時の処理も入っていません。



最終的な実行結果はこちらです。



 
posted by 鎌倉太郎 at 08:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-プログラミング言語 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック