2015年09月08日

IEの互換性を意識しながら、多彩な機能を実現するブラウザ「Ancia(アンシア)」(2)【改訂】


今回はページ(タブ)内で便利な機能です。



先ず、ページ内のキーワード検索「インラインサーチ」ができます。キーワードには色付けされますから非常に見分けやすい(こちらを参照)。



インラインサーチはページ(タブ)毎に利用の有り無し及び指定キーワードは区別しています(こちらを参照)。


インラインサーチ・バーの右端にある矢印(⇧⇩)でキーワードをページ内で順に追って位置付けます。同じ場所にあるプラス(+)では後述のハイライトを追加できます。



ハイライト化操作は直接に始める事もできます(こちら)。




単語・文言をマークしそれをドラッグした時に表示するメニューから選択します。指定のページ(タブ)限定やその時点で開いている全てのページ(タブ)にある単語・文言をハイライトする選択ができます。こちらを参照。


ハイライトバーの右クリックメニューに「ハイライトを継承」などのメニューがありますし、実際にページ(タブ)を閉じて再び同じページを開くとハイライトが残っていたりするのですが、何度か確認するもハイライトを継承する為の確定した条件までは良く分かりませんでした。



ハイライトバーの同じ仕組みの中で、マークした単語で各種検索エンジンを使う事ができます。Wikipediaで「Telescope」を検索した(こちらを参照)結果がこちら




「編集」→「このページの検索」によりページ内の検索としても可能です(こちら)。



【改訂】2015年09月09日 08:00 追記


 
posted by 鎌倉太郎 at 15:55| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック