2015年08月14日

ブロックを組立てていくビジュアル・プログラミング言語「App Inventor 2」を使ってみる(9)


今回は時間で発生するイヴェントを使って写真を一定時間で順番に見せていくアルバムを作ってみます。

テストアプリでは10秒毎に4枚の画像を順番に表示します。その際に画像を変更するまでの時間もカウントダウンする様に表示ます。
UIはこちらです。



実際の様子はこちらの動画で確認できます。




これを実現する「Blocks」はこちらです。



時間の取り込みは「Clock」の「Timer」で行います(こちらを参照)。


1回毎にカウントダウンしていき、0になった所で順番に画像の表示/非表示を行います。


 
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック