2015年06月20日

ISSから撮った地球上の特定地点に注視した映像


国際宇宙ステーション(ISS)から地球上の特定地点に注視した映像を提供しているページがあります。カメラは「Iris」と名付けられた4Kビデオカメラです。これに選ばれた地点を追跡する2軸ポインティング・プラットフォーム(Bi-axial Pointing Platform)を組み合わせています(こちら)。



こちらで紹介した4K動画と違い、望遠レンズを使って地上を撮っていて、実際の映像がこちら

Boston, U.S.A.


自動車が高速道路上を走行しているのが分かり、右の高層ビルの側面の変化が見てとれます。



「Iris」カメラは、5.5km × 3.6kmのエリアを60秒~90秒ほど定点撮影ができます。



「Iris」で撮ったビデオ映像はこちらにあります(現時点で最初の3動画)。




もう一つ、ISSには定常的に地球を撮っているビデオカメラとしてHDEV(High Definition Earth Viewing cameras)があります。こちらでISSからのリアルな映像を流しています。


Black Screenになっている時はISSが地球の夜側にいる状態です。必要により右下にマウスを置くと表示するメニューで、解像度を下げてください。



NASAと組んで運営しているのは、カナダのベンチャー企業「Urthecast」です。


 
posted by 鎌倉太郎 at 06:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック