2015年06月04日

Firefoxの最新版で、「後で読む」系サービス「Pocket」を統合【改訂】


「後で読む」系サービスとして、これまで「Read It Later」(こちらを参照)や「Instapaper」(こちらを参照)や「あとで読む」(こちらを参照)を紹介しています。

一方、こちらでニュースアプリ「SmartNews」を紹介していますが、その共有機能を使って(こちらを参照)Evernoteに登録しておき後で読む事もしています。


【注:「Evernote」については利用できなくなりました(こちらを参照)】

上掲でも分かりますが、所謂SNSの投稿で範囲を「自分のみ」とできる場合は同じ効果があります。また、「後で読む」系サービスである「Pocket」も既にサービス対象になっています(ブラウザからも利用可能)。

このような状況に於いて、こちらのFirefox リリースノートによると、FirefoxにPocket を統合したとの事です。



「後で読む」系サービスとして「Pocket」を紹介していなかったので、Firefoxから使ってみる事にしました。

Firefoxの最新版(バージョン 38.0.5)にすると(自動更新 or こちらからインストール)ツールバーに「Pocket」のアイコンを表示しています(こちらを参照)ので、初めての場合は「Pocket」のアカウントを登録・ログインします。




再読したいページを表示している時、ツールバーの「Pocket」アイコンをクリックすると記事の情報を保存してくれます(こちらを参照)。




再読したい場合はこちら(「Pocket」のWebページ)からログインして見る事ができます(こちらを参照)。



「Pocket」に登録した記事の1つをクリックした所がこちら


背景色やフォントの大きさを変更できますし(上掲を参照)、登録記事のタグ指定や削除などもできます。また、元の記事と同じレイアウトで(記事以外の付帯表示を含めて)表示もできます。

この再読の操作はどのブラウザからもできます(例えば、IE 11)。

尚、画像だけのページを保存すると「画像」に、YouTubeの動画ページを保存すると「ビデオ」に自動で分類します。



【改訂】 2019年09月15日 23:35 画像埋込みスクリプトの変更、リンク先変更


 
posted by 鎌倉太郎 at 09:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック