2015年05月01日

Androidアプリ「Dropbox」にPDFビューアを使ってみた(2)


今回以降では、PDFファイルを中心にしますがどのファイルに対しても適用できる、Androidアプリ「Dropbox」と他のアプリやWebサービスとの連携をテーマとしていきます。



先ず、Web上のDropboxにあるファイルをAndroidローカルにダウンロードします。受け皿としてAndroidアプリ「ES ファイルエクスプローラー」で保管するフォルダを作ります。

この場合メニューから「ライブラリ」経由でフォルダを作成する事ができません。「ローカル」から保存したい上位のフォルダ(例えば)「Dowmload」に位置づけます。こちらの様にフォルダ「Dowmload」を示している時に、下部メニューバーの「新規(+)」をタップします。



こちらこちらの様に作成したい「フォルダ」のタップとフォルダ名称の指定をします。





次にAndroidアプリ「Dropbox」でダウンロードしたいファイルを表示し、下部メニューバーで「共有」から、こちらで「ES保存」を選択します。



続いてこちらで保管すべきAndroidローカルなパスの選択をして「選択」とします。これでダウンロードが始まります。




実は、下部メニューバーで「他」→「エクスポート」をタップしても可能です(こちらを参照)。



エクスポート先として、こちらで「ES保存」を選択すれば上掲の流れと同じです。Androidアプリ「ES ファイルエクスプローラー」をインストールしていない場合などは、「デバイスの保存」を選択しこちらで対応フォルダを選択して「エクスポート」で行う事もできます。
posted by 鎌倉太郎 at 13:22| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック