2015年04月28日

バックアップ・同期サービスの「Dropbox」が、PCブラウザ上でMS Office Onlineと連携


こちらのDropbox公式ブログによると、バックアップ・同期サービスの「Dropbox」に保管したMS Officeファイルを、ブラウザ上でMS Office Online(Word、Excel、Powerpoint)から使えるようになりました。

以前にこちらで紹介したように、Android版の「Dropbox」アプリがマイクロソフト社のAndroid版「Office Mobile」アプリと連携をとる様になっています。更にその連携が拡大しました。



実際にDropboxに保管済みのExcelファイルにアクセスすると、こちらの様に(最初だけ)メッセージを表示します。



「開く」とするとこちらの許可リスエストの後、こちらの様にExcelが起動されます。


この状態から更新などができます。

更新したOfficeファイルはDropboxに保存します(左下に保存先を明示)。この点はOne DriveでもDropboxにもシームレスに保存できるAndroid版「Office Mobile」アプリと異なります(こちらこちらを参照)。



操作の一例として、こんな手順が可能です。

One DriveにあるファイルをAndroid版「Office Mobile」アプリで開き、Dropboxに新規ファイルで保管します。PCブラウザでDropboxにアクセスしてその新規ファイルを開いて更新します(Dropboxに保存)。

更に更新したファイルをAndroid版「Office Mobile」アプリで参照する事が可能です。この時更新されたファイルがある事を通知してくれます。
(「Office Mobile」アプリでも更新が可能)


 
posted by 鎌倉太郎 at 10:00| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック