2015年04月13日

「Adobe Reader」の後継となる「Adobe Acrobat Reader DC」が公開に(3)


今回は「スタンプ」ツールを扱います。「スタンプ」ツールは既に前回に一部機能を使っています。ここでは各種既存スタンプとカスタマイズ・スタンプの利用をしてみます。



「Adobe Acrobat Reader DC」を起動して1つの文書を開き、「ツール」タブには多くのツールがあります(こちらを参照)。


しかし、無償の範囲ではかなり限定され、確認した範囲では、「注釈」・「スタンプ」・「証明書」・「ものさし」が利用可能です。

今回は「ツール」タブにある「スタンプ」ツールを選択(開く)し、「文書」タブを開いた状態がこちら




「スタンプ」ツールメニューの「スタンプ」アイコンのプルダウンメニューにある多種のスタンプを使う事ができます(こちらを参照)。



幾つかを使ってみた所がこちら




クリップボードに画像をコピーしておき、「スタンプ」アイコンの一番下にある「クリップボード画像をスタンプとして貼り付け」で、画像を一時的なスタンプとして使えます。画像をスタンプとして追加した所がこちら(左下部分)。




一方、カスタマイズしたスタンプを登録・管理して利用できます。「スタンプ」ツールメニューの「カスタムスタンプ」アイコン→「作成」でファイル選択して登録します(こちらを参照)。




但し、無償の範囲では対象がpdfファイルだけになります。有償の範囲ではPDF、JPEG、ビットマップ、Adobeレジスタードマーク Illustratorレジスタードマーク(AI)、Adobeレジスタードマーク Photoshopレジスタードマーク(PSD)及び Autodesk AutoCAD(DWT、DWG)のファイルなど、様々な形式から作成できます。

画像ファイルを(仮想プリンタ・ドライバなどを使って)一度pdfファイルとして印刷した後、スタンプとして登録して利用した所がこちら(右下部分)。



 
posted by 鎌倉太郎 at 11:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック