2015年03月17日

インドの旅(3) - デリーからジャイプールへ(1)


第2日の3番目はジャイプール(Jaipur)にあり、デリーから約260kmで6時間30分ぐらいの移動になりました。その間、レストランでの昼食と2回のトイレ休憩がありました。

全体の行程をこちらのGoogleマップで示しています(赤線が国内線飛行機、青線はバス移動。今回の対象はAからB)。




バス移動は8号線をひたすら走ります。その沿線でのガイドの説明は余りありませんが、日本企業の工場が多い事を強調していました。特に「Japanese Zone」という大きな掲示もありましたので、帰国後にジェトロ(JETRO)のインド工業団地情報を調べてみました。


インドの行政区画上(こちらを参照)、デリーは「F:デリー首都圏」にあり、ジャイプールは「22:ラージャスターン州(Rajasthan)」の州都です。その間を結ぶ8号線は「8:ハリヤーナー州(Haryana)」を通ります。



そこでこちらの「デリー近郊」の工業団地の地図を見てみると8号線沿いに確かにあります。工業団地リスト(若干古いようですが・・・)を見ると企業名がズラリ・・・



8号線からも日本企業の工場がこちらこちらの様に見られました。インドでも日本人が頑張っていると思うと感激です。Google社のオフィースビルも見えました(こちら)・・・




さて、高速道路では州毎に通行料金を払っていました(料金所の風景はこちら)。所が観光バス(だけ?)は営業税を別途支払っていました(2つの州に入るのでこちらこちら)。


高速道路の料金所に隣接しているので、一緒に徴収すればいいのに・・・と思うのですが、何か事情があるのでしょう(官僚的縦割り行政?)。有料道路の左に寄せても、運転手助手が徴収ボックスで支払いをするまでに一般道部分を超える必要がありますが、こちらの様に一般道路も頻繁に自動車が通っていて危険極まりありません。実際に運転手助手が頻繁にくる自動車の空きを待っている間、バスも長い時間停車している事がありました。

バスの運転手助手は運転の交代要員ではありません。途中休みを入れながらですが、ずっと同じ運転手でした。分業化されているようでした・・・


 
posted by 鎌倉太郎 at 11:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-インド | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック