2015年03月04日

Gmailにクラウド・ファイルを直接添付する機能のまとめ(1)


Dropbox社(のメンバー)からのツイートによると、Gmailのメール内容にDropboxに登録されているファイルを直接添付できるようになりました。Google Driveのファイルを直接添付する事は既にできるようになっています(こちらを参照)。

そこでWebメールでクラウド・ファイルを直接添付する機能についてまとめてみました。



先ず、Chrome Web StoreのこちらからChrome拡張 「Dropbox for Gmail (Beta)」をインストールします。

Dropbox for Gmail (Beta)


Google Driveのファイルを直接添付する事は、他のブラウザでも可能ですが、「Dropbox for Gmail (Beta)」は当然Chromeだけで使えます。以下では特に断らない限りブラウザはChromeとします。


Gmailでメールの「作成」とすると、こちらの様に下部にDropboxのアイコンとGoogle Driveのアイコンが並びます。



挿入箇所を指定した後、Dropboxのアイコンをクリックすると、こちらの様にログイン・リクエストがあり、こちらのウインドウから選択できます。


「リンクを挿入する」でメール本文内に設定します。複数ファイルの選択はできません。



こちらの様にPC内の画像も追加添付して、受け取るYahooメール・Outlook.com・Gmailでの見え方がこちら(Yahooメール。一部に不具合?)とこちら(Outlook.com)とこちら(Gmail)。








Google Driveのアイコンを使ってファイルを挿入する場合も同様ですが、ファイル選択で複数ファイルが指定できしたり、挿入の形式として「ドライブのリンク」か「添付ファイル」の選択ができます。

Dropboxでのファイル添付メールと同様にメール内容を作って送信した結果の各メーラーの見え方はこちら(Yahooメール)とこちら(Outlook.com)とこちら(Gmail)。






次回はGmailでのファイル種類に関わるテーマとOutlook.comです。


 
posted by 鎌倉太郎 at 17:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック