2015年01月08日

「二輪車通行規制区間サイト」をリニューアル、意見を聞いて本質課題を解決できる?


日本二輪車普及安全協会プレスリリースによると、「二輪車通行規制区間サイト」をリニューアルしGoogle地図で場所を明示すると共に、ストリート・ビューで規制表示を見られるようにしました。



「一般道において四輪車は通行可能であるのに、二輪車に限って通行が禁止されている道路が存在している」事の問題提起をしています。Webサイトのページでも言っている通り、「一部のライダーによる騒音問題や無謀な運転による」点が規制の大きい理由になっているのでしょう。

実際にこちらから都道府県の選択をするとGoogle地図でその規制区間を見る事ができます(例えばこちら)。



地区によって規制内容が違いますが、それは道路事情や環境によって納得できる点が多くあります。例えば規制が「0-5」時となっている所は住宅地であったり、「8-20」となっている所には学校があったりといった具合です。


一部のライダーによって寧ろ多くの利用者に迷惑が掛かっている状況で、一般的な精神論から意見聴取をしても効果が得られそうもありません・・・やはり「一部のライダー」への対策こそが本筋のように思いますがどうでしょうか。

尚、2015年1月現在は、東京・大阪・愛知のみをマップ化していますが、順次全国の情報をマップ化する予定との事です。


 
posted by 鎌倉太郎 at 23:47| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック