2015年01月06日

英国上空や大西洋を渡る航空機の航路をビジュアル化


NATS(=National Air Traffic Services)は、英国の航空管制領域と大西洋上の「Shanwick」航空管制領域を管理している会社(英政府50%出資)です。

「Shanwick」航空管制領域では、米国とヨーロッパを結ぶ航路を含み大西洋を渡る80%がこの領域を通過しており、大西洋を渡る1日に1400機もの航空機をコントロールしています。また英国上空及び空港の航空管制では、ピーク時1日に8000機をコントロールします。



こちらで旅客機をリアルタイムに追尾しているWebサイトを紹介しています。NATSはこれらの航空機がどのような航路を使っているかをビジュアル化し、YouTube動画に登録しました。

North Atlantic Skies



Europe 24



英国上空だけを固定して捉えた映像(こちら)や中東上空を捉えた映像(こちら)もあります。


 
ラベル:航跡 NATS
posted by 鎌倉太郎 at 20:07| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック