2014年12月15日

米国西海岸の旅(4) - シアトル(3) 航空博物館


現在現地時間 23時過ぎで、ラスベガスのホテルに居ます。幸いな事にホテルからの眺めが素晴らしく、54階の部屋から見た街の様子がこちら



第4日のシアトルからラスベガスへの移動については別途として、第3日の書き溜めた分の投稿をします。



早寝早起きの習慣ができたようで・・・、この所 pm 8時過ぎた所で眠り、am 3時起床でした。現在は現地時間 12月14日のam 4時です。

シアトル第3日は航空博物館に行きました。シアトル・ダウンタウンから#124系のバスで博物館前で(表示は"S 94TH PL")降りました。バスのタイムテーブルに特にバス停名の表示がなく不安でしたので、近くで表示にあるバス停"16TH AV"で降りようとした際ドライバーに確認したら"もう少し先"との事でしたが、そこでは"Museum of Flight"のアナウンスがありました・・・



バスを使う人は極めて少ないようで、本来の入口は駐車場のある道路から見えない反対側にありました。博物館は道路を挟んで分かれており(近辺一帯はボーイング関連の敷地)、ダウンタウンからのバスで降りた側の博物館施設がこちら




ここでも入場手続きはできますが、本来の入口は道路の反対側施設でこちら


分かりづらかったのは歩道橋よりかなり先に"The Museum of Flight"と表示のある所が車の入り口であった事。



さて、入場すると(有料の)音声案内もありましたので、こちらのように所狭しと実機が並べられて(或いは吊るされて)いました。




第一次・第二次世界大戦の時代に使われた機種の展示があり(こちら)、時代の名機の中に日本の"隼"も展示していました(こちら)。





更に、コンコルドやケネディ大統領などが使っていた"Air Force One"(大統領専用機)の展示がある屋外のエリアもありました(こちら)。




ボーイング工場見学のツアーに航空博物館を付加するツアーもありましたが、私にとって別立てにて良かったと思いました。


現在は am5時ですが、(ワインのボトルを空ける為に!!)アルコールを頂いています・・・14日はラスベガスへの移動日です。詳細には別途投稿します。


 
posted by 鎌倉太郎 at 17:28| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-米国・西海岸 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック