2014年10月02日

ナスカの地上絵を上空から見ました


現在はペルーのリマにいます。現地時間10月2日 am2:50です。日本との時差は-14時間あります。

リマに2連泊ですが、第3日目は世界遺産・ナスカの地上絵観光でした。セスナ機に搭乗して上空からハチドリや宇宙飛行士といった形状を見る事ができました。



セスナ機に搭乗する空港はリマから約300km離れたイカという街にあります。リマのホテルをam5:00に出発して、空港には10:30頃到着しましたから、休憩1回を含めて5時間半の行程でした。
飛行機は客12人が乗り、総飛行時間は1時間30分ほどで、地上絵観光の時間は30分ほどでした。



地上絵について事前にガイドから懇切丁寧な見付け方等の解説があったので、クジラから始まってツリーまで12個の地上絵を予定していたのですが、その殆どのを見る事ができました。しかし飛行機の移動が早いので撮影するのが非常に困難でした。最も良く撮れているのが「ハチドリ」と称されるこちら




リマのホテルに戻ってきたのが20:30、食事は21:00で就寝が23:00になってしまいました。

本日(第4日目)はクスコに飛び、世界遺産の市内観光です。所がモーニングコールがam2:30という案内、朝食3:00でホテル出発4:00という強行軍です。


 
posted by 鎌倉太郎 at 17:03| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-中南米の旅 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック