2014年08月29日

Chrome38βでブックマークや検索履歴などを区別するユーザ管理を容易にする新しいUIを公開


Google Chrome公式ブログによると、Chrome38β版を公開しました。こちらで紹介している通り、ブックマークや検索履歴などを別々に管理する複数ユーザの機能がありますが、Chrome38βではユーザ管理を容易にする新しいUIを提供します。



新しいUIはブラウザのウィンドウ・バーの右上にある「あなた」から始まります。「あなた」は現在利用中のユーザ名ですから、ユーザ登録すれば変わっていきます。

そのユーザ名をクリックすれば、ユーザの切替え・追加・削除や「ゲスト」ブラウジング(こちらを参照)、“シークレット(Incognito)”タブ起動(こちらを参照)などが行えます。



但し、時点でユーザの削除はWindows 8.1上で機能しない不具合があります(Windows 7では削除できる事を確認)。こちらで紹介している通り、複数ユーザの管理機能は従来からもあるので、「設定」ページからも削除できます。

「ゲスト」ブラウジングは一時的に利用するユーザを想定しており、“シークレット”タブ起動と同様に履歴を残さず、更にブラウザ設定(プロフィール関連、ブックマークなど)のセキュリティ保護ができます。



新しいユーザを登録する時にログイン画面になりますが、Googleアカウントを使って登録すると、そのアカウントのプロフィール写真になります。「スキップ」をクリックするとユーザ名がシステム設定となり、パスワード管理不要になります。

システム設定のプロフィール画像をクリックすると、画像の選択とユーザプロフィールの名前を設定できます(こちらを参照)。


複数ユーザを作業別に分ける事によって、多数あるブックマークを分けて管理できるのでアクセスに便利で使っています。


 
ラベル:Google Chrome UI
posted by 鎌倉太郎 at 23:25| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック