2014年04月26日

垂直離着陸する「グラスホッパー」試験機の後継機「F9R Dev」でも、初期的上昇・着地試験に成功


こちらで紹介している通り、「グラスホッパー」という試験機で垂直離着陸する開発をしてきましたが、2013年10月に高度744mまでの上昇・着地試験に成功して終了しています(こちら)。

Grasshopper 744m Test | Single Camera (Hexacopter)




一方、こちらの通り実際に補給船を打ち上げたロケットで、海上への垂直着陸模擬実験をしました。



さて、「グラスホッパー」に続く次の試験機としてFalcon 9 Reusable Development Vehicle (F9R Dev)による250mまでの上昇・着地試験が成功していました。

YouTube動画がこちらにあります。

F9R First Flight Test | 250m


結果としては「グラスホッパー」の試験レベルを出ていませんが、実使用に近い機体になっています。更に高高度までの試験は場所をニューメキシコ州のスペースポート・アメリカに移して行います。


 
posted by 鎌倉太郎 at 19:11| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-民間宇宙旅行 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック