2014年03月28日

上野公園で風神雷神図の展覧会を見たついでに、桜の開花をチェック


昨日(3月27日)に東京国立博物館で開催している特別展「栄西(ようさい)と建仁寺」を見てきました。俵屋宗達作の国宝『風神雷神図屏風』と海北友松作の重要文化財『雲龍図』が目的でした。



臨済宗開祖の栄西禅師800年遠忌特別展なので、何れも栄西が開山した建仁寺蔵という事で展示しています。


その他にも、カタログの文言を借りれば、「栄西並びに建仁寺ゆかりの宝物を一堂に」展示しています。



尚、上野公園の桜もチェックしましたが、動物園入口前の桜が2本ばかり見た目に満開のようでしたが(こちら)、酒宴の席になりそうな場所ではもう暫く掛かりそうです(こちら)。




首都圏は雨がちでしたが、多くの人が待ち遠しそうに桜の下を散策していました。


 
posted by 鎌倉太郎 at 09:00| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック