2014年03月26日

我家のルータが故障、新規購入するもひかり電話ルータを利用する羽目になり、新ルータは単純HUBに・・・


我家のIT環境は、この所故障が続いてリプレースしています。去年12月はこちらで投稿したようにPLCアダプターをリプレース。つい先日はプリンターの(Windows 95からサポートしている!)写真印刷ソフトがWindows7とWindows8をサポートしていないのに、その写真印刷ソフトが動くWindows VISTAのPCで故障といった具合(まだ動くプリンターに加えて、もう1台の複合機を購入する事になった)。

尤もPLCアダプターの時にメリットもあったのですが、この複合機にもコピー機機能があったり、データ送信が(USBに加えて)無線LANでできる様になっているので、ノートPCが我家内のどこにあっても印刷できるようになったのは(プリントサーバーを導入していないので)ハッピーでした。

今回は有線LANルータの故障。こちらは残念ながらメリット無しでした。時系列的にレポート・・・



以前に突然ネットワークが遮断するトラブルがあり、ルータを再度立ち上げる事で再開できたのですが、それが予兆となっていたようで、本日突然に遮断。メッセージから装置の故障と判断して新規購入。ほぼ同程度の機能ですが従来のルータと比べると軽くなった事・・・

更に「簡単接続」機能が付いていて、プロバイダへのログイン情報だけで広域ネットワークも自動認識して、DNSサーバ(プライマリー、セカンダリ)のアドレスも取り込んでくれました。


ここまでは順調で良かったのですが、インターネットにアクセスすると、FacebookやTwitterなどの一般的なサイトにはアクセスできるのに、通常よく使うブログのサーバにはアクセスできない状態でした。調べてみるとDNSサーバのアドレスがプロバイダ指定のアドレスと異なる事が判りました。古くから受けていたアドレスなので、状況が変わったのかと思ったのですがプロバイダーのコールセンターからは変わっていないとの回答。

ルーター上でマニュアルでDNSサーバ・アドレスを変更できるかと思ったらそのようなメニューは無し、メーカーのコールセンターは電話ビジー・・・


プロバイダーのコールセンターからの助言でBフレッツ終端の接続ルータを使う事によって接続完了。ひかり電話ルータに切り替えたタイミングでこちらをルータにすれば良かったのですが、旧来のルータの設定を継続利用したいという気持ちでした。

今回のルータ変えで、購入したルータは単純なスイッチングHUBになりました。


 
ラベル:ルータ
posted by 鎌倉太郎 at 01:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | IT環境 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック