2014年02月27日

台湾ツアー(6) - 台湾の通信環境


今回の旅行はデータ通信環境が非常に良い状況でした。成田国際空港でも搭乗待ちの場所で無線LANが使えたり、年々無線LANが無料で使えるようになってきました。



ホテルの4泊では無料で無線LANまたはADSLによる有線LANが使えたので、毎晩に投稿ができました。注意点として、台湾における有線LANの場合LANケーブルが必要です。

台北市内では市街の至る所で使えました(しかも複数の運営体のものが・・・)。但し、1つの運営体では、利用は無料でも携帯電話の番号を要求された(外国人の判別手段?)ので、セキュリティ上も課題があるので止めましたが・・・


台湾北部の山あいにある九份(きゅうふん)では、レトロな雰囲気をウリにしている観光地なのに無料で使える無線LANを導入していました。


今回はコース全体でガイドが付いていたので、気になる一般的なニュースを待合せの時間などに見る程度でしたが、半日単位でのフリータイムがあればもっと有効活用できたと感じています。

尤も旅行好きな人からすると、観光先・宿泊地での時間を情報探しに使うのは勿体ないので、事前に調べてきて直ぐ活動を開始していますから、サイト側での情報提示の内容・方法も、事前情報提示するページと位置情報絡みでアクションができるサービスなど、分類・吟味する必要がありそうです。


 
ラベル:無線LAN
posted by 鎌倉太郎 at 14:32| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-台湾の旅 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック