2014年02月01日

デスクトップ動画キャプチャーソフト「GifCam」で、アニメーションGIFを作ってみる(1)


写真共有サイト「Pinterest」のニュースによると、アニメーションGIFを正式にサポートする様になりました(モバイル版はもう直だそうです)。

例えばこちらにあります。


FacebookでもiFrameタグを使って表示する方法を伝授するページがあります。

このようにアニメーションGIFを登録したいというニーズは大きいようです。感動的な瞬間を繰り返し自動で再生してくれるのは、とても幸せな気分になりそう・・・また、こちらのニュースリリースにある通り、「国際GIFアニメアワード」も実施しています。



そこで今回からアニメーションGIFを簡単に作る方法として、デスクトップ動画キャプチャーソフト「GifCam」v3.1を使ってみます。GifCamはこちらからダウンロードし、Zipファイルから解凍して実行ファイルとします。

GifCamを起動すると、こちらの様に画像が写るべき部分が透明な枠の表示となります(枠の上部には画像のサイズを表示、ドラッグ&ドロップでサイズの調整が可能)。




”超”基本的な操作は、「Rec」で録画を開始して再度のクリックで「Stop」停止し、「Save」でファイル出力という流れです。ただ「Rec」ボタンにはこちらのようなプルダウンメニューがあります。


「Save」ボタンにもこちらの様にプルダウンメニューがあります。




既定値(10FPP、Quantize)で録画・保存したアニメーションGIFファイルがこちら

GifCam0301.gif


尚、アニメーションGIFとするには16FPS以下とし、Nearest以下で保存する必要があります(既定値で良い場合もある)。最高画質の30FPSで録画しQuantizeで保存した場合には、aviファイル形式となりますので注意(上記の例で実行すると、空のグラデーション部分が綺麗ですが・・・)。
posted by 鎌倉太郎 at 01:12| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-画像編集ソフト | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック