2013年12月05日

各国の「世界一」を世界地図上で象徴的に示している画像


世界の国々が「世界一」になっている事項をこちらのサイトで紹介しています(情報源まで示しています・・・)。

これを世界地図上で象徴的に示している画像があります。大きい画像なので、こちらからZoom.itで見られるようにしました。

What Each Country Does Best Map > Country Bests Banner






日本は「robots per 10,000 manufactoring workers」で、ロボットの密度で断トツの世界一です。



中国は「co2 emissions」と「renewable energy」で、石炭 二酸化物の排出量と再生可能エネルギーからの電力生産量です。


米国は沢山あります・・・

各順位では日本も(ノーベル賞の受賞者数を除いて)米国に次いで上位にいる項目が多い・・・


インドは「movies」と「low prices」で、映画の制作本数の多さと消費者物価指数が低い事です。


オーストラリアは「deadly animals total」と「 melanoma per 100,000 people」で、危険な動物の多さと黒色腫ガンの発病率の高さです。



その他の興味を持つ国についてチェックしてみてください。また裏付けとして示されるランキングWebサイトで、他のランキングをチェックしてみるのも良いかも知れません。


 
ラベル:世界一 world map
posted by 鎌倉太郎 at 10:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック