2013年07月18日

カナダ西部旅行(24) - コロンビア氷原へ(4) アサバスカ氷河(1)


カナナスキス(Kananaskis)第6日目の目的地はコロンビア氷原(Columbia Icefield)です(こちらを参照)。Google地図ではこちら


より大きな地図で 2013年 カナダ観光 を表示

93号線(アイスフィールド・パークウェイ、Icefields Parkway)で境界となるサンワプタ峠(Sunwapta Pass)を超え、バンフ国立公園(Banff National Park)からジャスパー国立公園(Jasper National Park)に入りました。



コロンビア氷原観光の起点となるビジターセンターが93号線の直ぐ脇にあります。個人観光客の駐車場は少し離れていますが、ツアーバスの駐車場はセンターの横にありました・・・

これまでポツポツといった雨だったのが、センターに到着すると急に強風と共に大粒の雨に変わりました。ツアーでは予約してあるので時間通りに見学バスに乗り込みました(一般的に予約をしておかないと、見学バスに加われない場合があるとの事・・・)。

ビジター・センターから景色(180度パノラマ写真)がこちら


右から3分の1にあるのがアサバスカ氷河(Athabasca Glacier)です。ビジター・センターから出発する見学バスは通常のバスとほとんど変わらず、上掲の写真で中央付近にある「く」の字の道路を氷河脇まで進みます。終点で雪上車に乗り換えて氷河の氷の上を進む事になります。



コロンビア氷原の観光とは上掲写真で見えるアサバスカ氷河(の一部)に行く事を意味します。Google地図で地図モードを航空写真モードに切り替える(こちらを参照)と分かるのですが、中央の白い部分がコロンビア氷原で、赤いピンの部分がアサバスカ氷河になっています。


コロンビア氷原からは主な氷河だけでも6つあり、そのうちの1つがアサバスカ氷河です。しかもアサバスカ氷河も(雪上車乗り場からアサバスカ氷河を見た)こちらで見える最下段の部分までしか行けません。


右の道筋の先に雪上車が見える所で降りて氷河上を歩く事ができます。尚、雪上車乗り場は氷河の方から(雪上車で)見るとこちらの様になっています。



雪上車はこちらの様に大型バス並の大きさで非常に強力なエンジンを持ちゴムタイヤです。初期には鉄のキャタピラーだったのですが、氷を傷つけるという事でこちらのようなゴム製に切り替えられたそうです。





氷河上については次回に投稿します。


 
posted by 鎌倉太郎 at 16:54| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-カナダの旅 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック