2013年07月05日

話題になっているキーワードを調べられる新しいサービス「ユーザーローカルWikipediaトレンド」


ユーザーローカル社のプレスリリースによると、話題になっているキーワードを調べられるサービス「ユーザーローカルWikipediaトレンド」を公開しました。或るキーワードが話題になってネットで情報を検索する際、多くの人がWikipediaを使っている事に着目し、Wikipediaの参照回数データを元に話題のキーワードを抽出しているとの事。

IE 10からはこのサービスのトップページ以外を見る事ができません(ChromeやFirefoxからは可能)。



実際にこちらからアクセスし、「中谷宇吉郎」で検索した結果がこちら



Wikipediaで調べられた時間別回数がグラフ化され、関連ニュース記事から理由がよく分かります。


更にこちらの様に話題キーワードを含むツイートを表示したり、他のどのようなキーワードと一緒に検索されているかも付加して、背景・理由の明確化を補強しています。



しかも過去1か月・1年のランキング推移も分かるので、キーワード「エジプト」で検索してみると、こちらの様にこれまでも話題になってきた事も分かります。


ただ、過去1年のランキング推移で順位が上がっている時の理由も分かると、更に便利になると思うので今後の機能拡張に期待したい(情報蓄積が必要?)。理想的には10年ぐらい遡りたいが・・・

Wikipediaのキーワードを正確に指定しなければならないのは(Wikipedia自体にも言えるのだが)厳しいので、正確なWikipediaにあるキーワードへ導く支援機能も備えて欲しい。



トップページの「過去のトレンドを見る」をクリックすると、過去3か月分の日々の上位の話題が分かります(こちらを参照)。


尚、本日より先の日付分については1年前の話題になっているようです。


 
posted by 鎌倉太郎 at 01:44| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック