2013年06月06日

カナダ西部旅行 概略(8) - カナナスキスの州立公園


カナナスキス(Kananaskis)第4日の天気も雲が時々掛かりましたが晴れ。第4日は旅疲れを無くす意味で、宿泊ホテル近くでカナナスキス・カントリーにあるピーター・ローヒード州立公園(Peter Lougheed Provincial Park)に出かけました。



この州立公園はガイドブックによるとアルバータ州最大の広さを持つ公園で、主にキャンプやハイキングなどのアクティビティを楽しめるようです。中心となるのがカナナスキス湖(アッパーとロアーがある)です。

しかし、今回訪れた時点では「Closed」!(こちら)


ここまでの40号線は、公園入口から先が閉じられています。公園には入れますが、観光案内所は閉じられていました。


それでもロアー・カナナスキス湖に行きました(こちら)。



公園入口付近で2度も(入園時と出園時)、(写真は撮れていませんが)子供の(?)グリズリー(Grizzly Bear、ハイイログマ)に出会いました。走行中に道路沿いを歩いているのを見たのですが、2度目に見かけた時は速度を落とすと逃げ去ってしまいました。



ガイドブックによると
カナナスキスは激しく褶曲した岩山がカナディアン・ロッキーの中でも特異な景観を見せる
という事で、実際にこちらのような岩山(Mt. Kidd South Peak)が40号線沿いにありました。


右の高いのはキッド山(Mt. Kidd、2958m)。激しい褶曲はこちらにも。



ホテルのあるエリアを散策。カナナスキス渓谷(Kananaskis Valley)を見渡す位置にあるので、こんな雄大なビューポイントがありました。


奥の雪山がフィッシャーピーク(Fisher Peak、3053m)。リゾート地なのでゴルフコースも見えます。


 
posted by 鎌倉太郎 at 16:28| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-カナダの旅 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック