2013年05月16日

SkyDriveにアップロードされた全ての写真をタイムラインで表示する機能を公開


マイクロソフト社のInside SkyDrive公式ブログによると、SkyDriveにアップロードされた全ての写真をタイムラインで表示する機能を公開しました。



SkyDriveの左メニューで「すべての写真」をクリックすると、こちらの様に写真(画像)が日付別に時系列で表示されます。



同じ日に撮影した写真でも時間によって対象となるテーマや場所が異なる場合があり、それを時間帯で自動的に切り分けており、こちらの様に同じ日付表示でも時間が別のグループとして表示します。



「2013年5月」といったまとめの月表示をクリックすると、こちらの様に月単位のサムネイルアイコンになります。


但し、ここで使っている日時情報は、ファイル・プロパティの「撮影日時」を使っているようです。従ってSkyDriveにアップロードした日ではありませんので注意。一方、画像処理ソフトによっては、ファイル・プロパティの「作成日時」を設定しても、「撮影日時」を設定していない場合があります。少ない事例ですが、写真を絵画化するのが中心のソフトに多いようです。「撮影日時」が設定されていないと、タイムライン上には表示されません。絵画化する類似の機能を持っていても、Adobe Photoshop Elementsの様に撮影日時を設定するor残す画像処理ソフトはあります。反対にPhotoshop Elementsではスクリーンショットでも撮影日時が入りますので、開発サイドの考え方次第…?という事でしょう。

多数の写真(画像)を管理する者としては、作成日時とアップロード日時(作成日とも異なる場合あり)でもタイムライン表示できるようにして欲しいものです。



更に、PowerPointとWordのサムネイル表示もできるようになりました(こちらを参照)。


(Excelは? 後で実現? セルに入力した数値のサムネイルでは意味がない? 罫線や画像で分かる?)


 
posted by 鎌倉太郎 at 15:44| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック