2013年04月23日

デスクトップで気軽に写真を加工して共有するソフト「XnRetro」を使ってみた(1)


スマホでは画像を加工して共有するアプリが多くなっていますが、デスクトップでは気軽に写真を加工して共有するサービス(orソフト)がでてきません。こちらで画像加工ソフト「XnRetro」を紹介していますが、多数のSNSとの連携も考慮しているので使ってみました。

「XnRetro」(Desktop version)はこちらからダウンロードします。Windows版はZip形式を展開してその中にあるXnRetro.exeを起動します。



加工するファイルを選択した所がこちら


下部にある4つのフィルター群(「Retro」、「Light」、「Vignette」、「Frame」)に分けられたタブを選択し、加工フィルターを選択すると対応の処理をした結果のプレビューを表示します。

残念ながら4つの加工フィルターでは期待する程の大きな変化は得られません。むしろ右側にあるコントラスト、ガンマ値、彩度、ノイズといった各種パラメータによるカズタマイズが効果を発揮します。リセットできるので色々試して最良の状態を得るようにします。



今回は3枚の写真(画像)で試みました。以下の事例で、左下の素にした写真(画像)からの変化を見てください。

「フラミンゴ・ラスベガス」ホテル(素にした画像はこちら)


結果の画像はこちら


上掲の「フラミンゴ・ラスベガス」ホテルをモノクロ風に


結果の画像はこちら


或る工場のエントランス庭園(素にした画像はこちら)


結果の画像はこちら



ローカルPCへのファイル保存では、こちらの様にサイズ指定をした上で「Save」アイコンをクリックすると指定のサイズになります。「Small」とした場合がこちら


 
posted by 鎌倉太郎 at 13:19| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-画像編集ソフト | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック