2013年04月07日

ビデオ 編集 ソフト(7) - PowerDirector(7) フル機能エディター(4)


今回はフル機能エディターの効果・トランジション機能などをビデオクリップに適用してみます。



これまでと同様にコンテンツとするメディア(ビデオクリップ、写真、BGM)などをインポートし、構想するストーリーによってタイトル・著作権表示・解説(コメント、感想など)も含めてタイムラインに配置します。

作成する動画の縦横比を16:9に設定し、タイムライン1にあるビデオ・クリップと写真も画面一杯になるように調整します。



まず、写真・ビデオクリップのメディア間にトランジションを設定し、動画の最後でビデオ・クリップをフェード・アウトして終了します(ここまでのタイムラインがこちら)。




次に動画の中に縮小した写真を挿入してみます。写真の四隅を示す点のドラッグや全体移動で、写真の縮小・配置を決めます(こちら)。


ここでは更に、縮小した写真にモーション指定をしています。



これを習作9としたタイムラインがこちらで、YouTubeに登録したのがこちら





 
posted by 鎌倉太郎 at 18:10| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-ビデオ編集ソフト | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック