2013年04月06日

ビデオ 編集 ソフト(6) - PowerDirector(6) フル機能エディター(3)


前回でフル機能エディターの効果・トラジション機能などを使って、写真によるスライドショーのような動画を作っていますが、その続きです。
前回に保存したプロジェクトをオープンして再開します。



まず写真の切り替え時にトランジションを使います。トランジションのテンプレートをタイムライン上のメディアの間にドラッグ&ドロップします(こちらを参照)。




次にタイトル・解説(コメント、感想など)にも動きを付けます。タイムライン上のタイトルオブジェクトを選択し、「修正」→「モーション」タブから望みのモーションテンプレートをクリックして保存します(こちらを参照)。


モーションには開始エフェクトと終了エフェクトがあり、両方に設定できます。また、一つのオブジェクトに複数のテキストボックスがある場合には、ボックスを選択してモーション指定をします。



更に、パーティクルと呼ぶ効果を加えます。これは動く鳥や花などを映像の中で重ねます。動作のルートの変更もできます(こちらを参照)。




これらを習作8【改訂】としたタイムラインがこちらで、YouTubeに登録したのがこちら。機能の紹介を優先しているので、少し忙しい動画になっています。





 
posted by 鎌倉太郎 at 18:29| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-ビデオ編集ソフト | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック