2012年12月27日

インドネシアのバリ島旅行(19) - 観光ツアー(タマン・アユン寺院)


帰国を翌日に控え、滞在第10日目はタナロット寺院と夕陽ディナー、そしてその前にタマン・アユン寺院にも寄る観光ツアーでした(こちらのGoogle地図で緑色のルートを参照)。


より大きな地図で バリ島 を表示

今回はタマン・アユン寺院(Taman Ayun Temple、Pura Taman Ayun)です。タマン・アユン寺院はかつての「ムングウィ王国」の国寺として1634年に建てられましたが、王国が1891年に滅びた事もあって放置されていたのを、1937年に改修されました。

バリ島で2番目に大きい寺院(1番はブサキ寺院)で、長い参道になっています(こちら)。


寺院を囲む掘割があり(こちら)、芝が敷き詰められた広い庭園(こちら)は市民の憩いの場になっているようでした。





しかし、寺院の境内には入れません(こちらこちら)。





堀に沿って周回すれば、境内を見る事ができます(左から時計回りにこちらこちらこちらこちらこちら)。






黙想する人と多くのメル(多層塔)が整然と並んでいたのが印象的でした。


 
posted by 鎌倉太郎 at 17:30| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-東南アジアの旅 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック