2012年12月25日

インドネシアのバリ島旅行(17) - 観光ツアー(ブサキ寺院)


今回から再びバリ島内の観光です。滞在9日目にはバリ島東部にあるバリ・ヒンドゥー教総本山の「ブサキ寺院(Pura Besakih)」を観光しました。これまでと同じ小グループにミニバンの配車でガイド1名・運転手1名の体勢。別途の1日観光も合わせて同じガイドだったので、説明に重複も無く会話も継続的に話題が持てたので非常に助かりました。

9日目の観光ルートはこちら(Google地図)の青い線。


より大きな地図で バリ島 を表示

ブサキ寺院は3寺院の集合体で境内案内(こちら)のように広く拡がっています。


特に見学したのがプナタラン・アグン寺院(Pura Penataran Agung)で、 シヴァ神を祭る中心的な寺院。近くに創造神ブラフマを祀るキドゥリン・クレテッ寺院(Pura Kiduling Kreteg)と繁栄神ヴィシュヌを祀るバトゥ・マデッ寺院(Pura Batu Madeg)がありますが、コースに入っていませんでした。



先ず、最初に迫ってきたのが階段(こちらこちら)。



ブサキ寺院はアグン山の中腹(標高:約900m)にあります。天気が良ければ背後にアグン山が見えるはずでした(こちらのように・・・)。

登りきった所が寺院ですが、境内は寺院専門のガイド以外は案内ができず、多額ガイド料を請求されるそうで、今回の観光ツアーではコースに入っていません。



入口の所で境内を撮ったのがこちら(パノラマ処理しています)。


振り返って麓の方向を見たのがこちら




境内に入れないといっても周囲を囲む壁に沿って周回して(こちらは境内の右側で、通路左が境内。通路右側にはカースト毎の祭礼場所がある。こちらは境内裏側の通路で、左が境内)、境内を見る事ができました。



境内右側通路より


境内裏側の通路から境内


境内裏側の通路から境内


境内裏側の通路から境内


境内左側の通路より境内


境内左側の通路より境内


境内左側通用門より境内


儀式が終わって帰る人々




この日はブサキ寺院見学の帰りに、マハギリ(Mahagiri、正確にはMahagiri Resort Panoramic And Restaurant)で棚田を見ながら食事を頂いたり、古都スマラプサでクルタ・ゴサ(王宮跡)を観たりしましたが、これらは次回にします。


 
posted by 鎌倉太郎 at 11:43| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-東南アジアの旅 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック