2012年12月11日

Windows 8でWindows 7/Vista風の操作に(3) - エクスプローラからの起動


デスクトップでエクスプローラからファイルの拡張子によって判断するアプリケーション起動で、デフォルトのアプリがWindows 8用のビューアアプリになっています。

画像であれば「フォト」アプリ、映像であれば「ビデオ」アプリ、音楽であれば「ミュージック」アプリが起動されるといった具合です。この状態では最初に体験したようにスタート画面に移行してアプリの進め方で迷ってしまいます。

勿論こちらのように起動アプリを指定できます。


しかしダブルクリックだけで写真などが見られないのは面倒なので、こちらのようにデフォルトのアプリを変更しておく必要があります。


自分で日常使う写真・音楽・映像のファイルの拡張子毎に設定します。


より体系的には、アプリ一覧から「既定のプログラム」を起動し、使うアプリ毎に拡張子を指定する事ができます。


 
ラベル:Windows 8
posted by 鎌倉太郎 at 01:56| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-Windows8/10 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック