2012年12月08日

Windows 8でWindows 7/Vista風の操作に(1) - 終了方法


こちらで投稿したようにWindows 8のUIに紛れ込むと最初は(不慣れで)パニック状態になりました。そこでWindows 8でもWindows 7/Vista風の操作ができる様にする事を第一に進めて行きたいと思っています。



Windows 8が立ち上がるとこちらのWindows 8 UIのスタート画面になります。



しかし、上記の主旨からこの画面は当分見ないようにする(乃至は見る回数を少なくする)事を考えますから、まず左下にある「デスクトップ」タイルをクリックして「デスクトップ・モード」にします。

従来型のアプリを起動するとデスクトップで動作する事を使って、サイイン時からデスクトップで立ち上げる自動スケジュール方法があります。更に凝ると、専用プログラムでタスクバーにスタートボタンを作るなどの方法がありますが、「デスクトップ」タイルを使う方法に留めておきます。



解説書では立ち上げたら第一に終了方法を説明する事が多いですが、Windows 8の終了方法でも従来と違っていますからここから始めます。

これまでは左下の「スタート」をクリックしてあらゆる操作を始めましたが、Windows 8ではマウスを4隅(角)に置く事で操作をします。実際に終了する為にマウスを右上の隅乃至右下隅に置くと、こちらのようにチャームと呼ぶメニューが出ます。


更に「設定」をクリックするとメニューが変わり、「電源」というアイコンをクリックします(こちらを参照)。



そこに表示される「スリープ」、「再起動」はこれまでと同じ概念です。しかし、PCメーカの解説書によると、「シャットダウン」は次回Windowsの起動が早くなる終了方法で、完全にシステムが終了する訳ではありません。通常はこのシャットダウンで良いのですが、ドライバーやアプリのインストールをしたり、Windows Updateした場合には、別途の「電源を切る」という終了方法を採る必要があります。「電源を切る」という操作は、上掲の画面でshiftキーを押下しながら「再起動」をクリックし、「オプションの選択」で「PCの電源を切る」をクリックします。

システムの更新をした後で継続して使う場合には「再起動」でも可能です。


 
ラベル:Windows 8
posted by 鎌倉太郎 at 01:03| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-Windows8/10 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック