2012年08月05日

天橋立観光と京都・嵐山近辺散策の旅(2) - 嵐山近辺の散策(2)


嵐山近辺の散策で、清涼寺へは仁王門から入りましたが、西門から出て祇王寺に向かいました。暑くなっている時期でこれより大通りから離れていくので、水分補給のペットボトル飲料を多めに購入しておこうかと考えていたのですが、この散策ルートはかなり一般的な事もあってか、自動販売機が適宜設置されていて不自由する事がないと分かって安心しました。

散策コースのGoogle地図はこちら


より大きな地図で 日本三景・天橋立、京都散策 を表示



祇王寺は苔の庭で知られますが、庭の広さは決して広くありません。カエデ(楓)の茂った葉で陰った所に苔がギッシリと生え、周りの竹林や落ち着いた門・垣根などと融合して、適度な広さゆえに1つの独立した静寂の空間を作っているように感じました。

言葉などよりも、写真で見てもらった方が良いと思います(こちらこちらこちら)。




紅葉の時期には落葉と苔の対比も格別との事(こちらを参照)。晩秋時期にも訪れたいものです。


さて、「平家物語」の平清盛と祗王(妓王)・祗女(妓女)という二人の姉妹の物語(こちらを参照)に係わるのか、「妓王、妓女、母刀自の墓」もありました(こちら。奥の立札の左)。




直ぐ隣にある滝口寺(旧往生院 三宝寺)も「平家物語」に係わります。宮中警護に当たる斉藤時頼(滝口入道)が、横笛との恋愛を反対され出家し仏門修行に入った嵯峨の往生院は、現在の滝口寺。

本堂には滝口と横笛の木像が祀られています(こちら)。



こちらも敷地は広くありませんが、滝口-横笛や新田義貞-妻の勾当内侍(こうとうのないし)の物語り・歴史背景などを顧みるには十分な静寂がありました(こちらこちら)。




 
posted by 鎌倉太郎 at 18:41| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-日本の旅 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック