2012年05月25日

DNS Changer マルウエアの感染を確認できるWebサイトを公開


JPCERT/CCのプレスリリースによると、DNS Changer マルウエアの感染を確認できる Web サイトを公開しました。DNS Changer マルウエアは、DNS設定を不正に変更するウイルス。



DNS Changer マルウエアに感染したPCをコントロールするサーバ群は、既に2011年 11月に米国連邦捜査局 (FBI) が差し押さえており、問題のないサーバーとして運用しています。

これは感染したPCがインターネットにアクセスできなくなるのを防ぐ為の運用ですが、2012年7月9日に運用が終了する見込みで、世界中に35万台の感染PC (日本国内でも相当数のPCありそう)に影響あります。



そこでブラウザでこちらのWeb サイトにアクセスするだけで、DNS Changer マルウエアの感染有無が確認できます。

実際にアクセスしてみましたが、この表示が出ればOK。


もしも感染の可能性があるとの表示になったら、上記プレスリリースの「III. 対策」を実施するよう推奨しています。


 
ラベル:セキュリティ
posted by 鎌倉太郎 at 16:05| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック