2012年03月14日

iPhone「Siri」やドコモ・アンドロイド「しゃべってコンシェル」と日本語で対話する動画


前回にアップル社の音声認識機能「Siri」のデモ動画を発表に併せて紹介しています。ドコモの音声エージェント機能「しゃべってコンシェル」もほぼ同じ時期に公開しています。

双方を試している動画が多数YouTubeにアップロードされました。



まず最初の動画は並べたiPhone(左)とドコモ・アンドロイド(右)に話しかけています。iPhone側の音声は小さくしていますが、表示される文字を見てください。

「siri」vs「しゃべってコンシェル」をやってみた



結果は「しゃべってコンシェル」の方が良さそうです。



個別の動画ですが、製品の想定範囲でチョットまともな会話をするのであれば、上手く使えるようです。

日本語版Siriに仕事をさせてみた



しゃべってコンシェルを試してみました。





「Siri」と友達のような会話もできます。

iPhone Siri 日本語版のツンデレ動画 #Siri #Siri_jp



ドコモの新サービス『しゃべってコンシェル』を使ってみました!!





その他、iPhone「Siri」やドコモ・アンドロイド「しゃべってコンシェル」と日本語で対話する動画をこちらに集めてみました。「Siri」との会話で何ヶ所も微笑む場面があります。



一方、こちらの報道によると、「テレビCMではSiriは何でもできるように宣伝しているが、・・・実際にはCMとはほど遠い、とAppleを訴えた」といいます。

CMで示しているレベルをどう捉えるかで違ってきます。こちらで投稿した日本語のデモ動画を見る限りは、(幾つかのコマンドを中心に)機能を限定して示しているとみる事もできますし、日常生活の一部を示しているだけで他の事も広く実現できるとみる事もできます。

CMの作り方も難しいですネ。上記の報道記事の中でも、この件は「Sirious」(「serious[厳粛な、重々しい]」からの連想・・・)だとしています。


 
posted by 鎌倉太郎 at 12:23| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック