2011年11月08日

コミュニケーションシステムの利用(5) - Office365(5) - パブリックWebサイトの作成(1)


Office365はグループ(チーム)として使えるページだけでなく、一般に公開するページも作る事ができます。このパブリックWebサイトを操作できるのは管理権限を持ったユーザに限られます。

実際に管理者用の画面(こちら)から「Webサイト」の「Webサイトの編集」をクリックします。




パブリックWebサイトのページ一覧が表示されます。




新規ページを作成する事は別途として、まず予め用意されているページの改訂から始めます。「サイトマップ」は各時点で存在するページから自動的に作ってくれるのでそのままとします。「お問い合わせ」は目的がはっきりしていてテキストの改訂なのでここでは触れません。会社紹介のページはページタイトルを変える事ができませんので、会社として運営する場合にはこのページを改訂しますが、それ以外の目的で使う場合は新規ページを作る必要があります。



そこで「ホーム」の改訂をしてみます。「ホーム」をダブルクリックして編集画面に移ります(若干時間が掛かります・・・)。

改訂の手順は色々あるでしょうが、まず「テーマ」を変更します。左上の画像をWebサイトの内容を想起させるものに変更します。メニューにある「テーマ」のプルダウンメニューから選択して変更します(こちら)。




この「テーマ」は運営するWebサイトで共通になり、全てのページに共通感を持たせる役割を果たします。基本的な共通感を持たせる機能として背景のカラー変更があります。また、「ナビゲーション」でのページタブの順番を変更する事ができます(こちらを参照)。






ページの背景イメージはこちらのように画像をアップロードして設定できます。今回は背景イメージと提示画像を兼ねるようにしました。というのも、画像ファイルのサイズを表示画面に合わせて縮小してくれます(or してしまいます・・・元々は2,592×1944ですが、640×480へ)。







内容を入力するのは(赤点線内の)「ゾーン」になりますから、横のサイズを調整しながら必要なテキストを入力します。縦方向のサイズ変更はenterキーで改行して調整します。

ゾーンの配置やサイズ調整は若干厄介な場合もあります(完全な自由が利かない・・・)が、「レイアウト」を変更して配置を変える事ができます(こちらを参照)。






ヘッダーエリアのサイト説明テキストやフッターなどもこちらのように変更できます。






より高度な編集機能については次回にします。


 
posted by 鎌倉太郎 at 18:48| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-コミュニケーションシステム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック