2011年11月03日

コミュニケーションシステムの利用(3) - Office365(3) - グループでできる基本機能(アルバムページの作成)


こちらでコミュニティの管理機能、こちらでユーザが活用する機能の基本について投稿しました。今回からはグループ(チーム)として使える基本機能です。

Office365にログイン後の「ホーム」ページで、「チーム サイト」をクリックした所がこちら




そこに明記してある通り、Microsoft SharePointの機能(の一部)が使えるようになっています。SharePointはウェブブラウザをベースとしたコラボレーションやドキュメント管理を行うプラットフォームで、多くの機能はWebパーツと呼ばれるものによって構成されています。



「チーム サイト」は管理者が代表となるグループ内での共有ページで、管理者が設定する(左フレームからリンクされる)ページに各ユーザから新しい情報を登録したり、通知などの投稿をする事ができます。登録されているドキュメントも(ページ上の一覧よりクリックで)見る事ができます。
一般のユーザも[+ 新しいページの追加]でページを「サイトのページ」の下に作る事ができます(左フレームからリンクされない)。

これらのページに掲載する要素をWebパーツなどで構成するように設定し、情報を埋め込みます。



実際に一般ユーザは[+ 新しいページの追加]をクリックして、ポップアップするウィンドーで「新しいページ名」(例では「横浜・三渓園 行楽写真」)を設定すると、「サイトのページ」のページ一覧に作成されています(こちらを参照)。








ページを選んで編集アイコンをクリックし直ぐにテキストを入力する事もできますが、ページのレイアウトを指定するとページを有効に使えます(こちらを参照)。






編集ツールの「挿入」→「その他のWebパーツ」から、こちらのようにレイアウトの要素にWebパーツ「イメージビューアー」を挿入して画像を配置できます。






また、HTMLのタグに対応するように書式を設定する事ができます(こちらを参照)。




写真のタイトルに「イメージビュ-アー」となっている部分は、Webパーツの編集機能で変更できます。



本来であれば、「画像ライブラリ スライド ショー」というWebパーツがあるのですが、画像ライブラリを作る機能が契約プラン P1 には無いようなので使えません・・・


 
posted by 鎌倉太郎 at 17:32| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-コミュニケーションシステム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック