2011年11月02日

コミュニケーションシステムの利用(2) - Office365(2) - ユーザからできる基本機能


こちらでユーザの作成をしていますので、今回はユーザとして使ってみます。

こちらからユーザとしてログインするとこちらの画面になります。




基本的な機能として、メールとカレンダーの他にOffice Webソフトが使えます。但し、Office Webソフトの機能範囲は限定されています。「チームサイト」の項目を見て分る通り、個人毎の(他のユーザから見えない)保存フォルダは無いので個人の文書を作成するというよりも、チームで文書を共有する事が目的です。



そうは云っても簡単な文書はウェブ上で直接に新規作成できます。例えば、こちらこちら







Word Webアプリでは写真の縮小はできませんが、PowerPointではワクに入るよう写真を最適化してくれ、PowerPointのページノートが入力できます。



閲覧表示(プレビュー。こちらを参照)とローカルプリンターへの印刷もできます。






メール機能はこのような画面になり、通常のメール機能と変わりません。




メッセージの作成で送付先の選択も自然にできます。管理者によって登録されたユーザのメールアドレスは、「宛先...」や「CC...」をクリックすると一覧が出て選択ができるようになります。

凝ったメール・メッセージにはできません(htmlメールの受け取りはできます)が、基本的にクラウドに文書を置くのでテキストレベルの作成・編集ができれば十分でしょう。


 
posted by 鎌倉太郎 at 18:36| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-コミュニケーションシステム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック