2011年09月20日

ハワイ島旅行(7):ウミガメが上陸する「プナルウ黒砂海岸」


ハワイ島(The Island of Hawaii)でサウス・コハラ・コースト(South Kohala Coast)と呼ぶ地域を拠点とした1週間でのドライブコースはこちら



より大きな地図で ハワイ島観光ドライブ(2011年) を表示


前回の投稿はカイルア・コナの街の少し南にあるコナコーヒーの生産農園でした。ハワイ島4日目はハワイ火山国立公園(Hawaii Volcanoes National Park)を見るのが目的です。キラウエア火口といった方が判り易いでしょうか(国立公園の一部です・・・)。今回は途中に寄った「プナルウ黒砂海岸」です。



サウス・コハラ・コースト地域からキラウエア火口へは、レンタカーのナビによると中央部を横切る(200号線経由)のが最短なのですが、今回のテーマである「プナルウ黒砂海岸(Punaluu Black Sands Beach)」に寄る為、所謂南回りのルート(11号線経由)にしました。

(若干の休憩を執りながらも)ひたすら11号線を南下して2時間半ほど掛かりました。ガイドブックによると、「プナルウ黒砂海岸」は名前の通り黒砂である事とウミガメに会えるという事でした。黒砂は溶岩が細かく砂状になったもので、キラウエア火山が海岸の生成に影響を与えているのだそうです。

実際にこちらのように真っ黒な海岸でした。




辺り一帯がキラウエア火山からの溶岩ですから、このような波に打ち砕かれて黒砂海岸になったであろう事は十分に想像できます。






遠景にはウミガメがいるようには思えなかったのですが、「人の集まっている所には何かある・・・」という事で近寄ってみたら、やはりウミガメがいました(こちら)。




管理官が置いているのか、注意板にはウミガメとの距離を十分にとるように・・・

「プナルウ黒砂海岸」でのウミガメの生態は調べていませんので産卵の為なのかは分りませんが、ウミガメの上陸はガイドブックに「毎日のように・・・」とありました。1頭でも見られればラッキーなのでしょう。


 
ラベル:ハワイ島
posted by 鎌倉太郎 at 16:44| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-ハワイ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック