2011年05月09日

ウェブページに各人のマーカーやコメントを付加できる新しいアノテーションサービス「scrible」


scrible公式ブログによると、ウェブページに各人のマーカーやコメントを付加できる新しいアノテーションサービスを公開しました(無料)。

殆どのブラウザに対応しています(以下のブラウザで少しの・・・動作を確認)。IE9は未だ不可。
Internet Explorer 8.0、Firefox 4.0、Chrome 11.0、Safari 5.0、Opera 11.10



まず、こちらから(無料)ユーザ登録が必要です。




操作はツールバーで行いますが、そのツールバーはこちらで、「scrible Toolbar」アイコンをブラウザのブックマークバーにドラッグ&ドロップ(IEの場合は、右クリックしてメニューで「お気に入りに追加)」を選択)します(こちらを参照)。ページ右上の「Details」をクリックすると、ブラウザ毎のツールバー設置方法の説明があります。




最近はメニューがデフォルトで隠される傾向(シンプル化を理由)にありますので、ブックマークバーの表示をさせるのに戸惑う・・・?かも知れません。IE 7・8だけに対応したアドインもあります。



コメントを付けたいウェブページを開いている状態で、ブックマークバー(お気に入り)に登録してある「scrible Toolbar」を選択すると、ウェブページの上部にツールバーが現れます。

ツールバーをブックマークバーに設置する操作までは、サインインの必要はありませんが、実際にアノテーションを設定するにはサインインが必要です。
ツールバーの左の人マークはサインイン・サインオフです。コメント作成が必要になったらscribleツールバーを表示させて、サインインする事ができます。

アイコンから機能は類推できると思いますが、実際に(乱雑ですが・・・)使ってみたのがこちら




アノテーションの削除は、アノテーションを設定したエリアにマウスを近づけると「×」がでますので、それをクリックします。


目のマークは設定したアノテーションの表示・非表示で、他にもノート表示の拡大・縮小やアノテーション設定の一覧表示・非表示ができます(こちらを参照)。





メールのマークは、アノテーションを施した状態をメール送り先と共有する(URLを含んだ)メールを送付できます。また、アノテーションを施した状態は「Personal Library」に保存できて(アノテーションがなくても可能)、(ツールバーの左にある)「scrible beta」をクリックすると、それまでに保存したページの一覧(こちらの例を参照)からアノテーション設定ページが表示できます。






尚、現状は無料ユーザが使える容量は125MBです。将来は拡大するとしています。


 
posted by 鎌倉太郎 at 17:33| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック