2011年03月19日

Google Docsのドキュメント編集で、コラボレーションを向上する為の改善機能を公開


Google Docs公式ブログによると、ドキュメント編集でコラボレーションを向上する為の改善機能を公開しました。

ドキュメントの共同編集でのコラボレーション機能は、以前の投稿の通り使ってみました。

今回のコラボレーションの改善では、自分以外の共同編集者がファイルを更新した場合にはメールで通知があったり、コメントにプロフィール画像を添えて共同作業者の認識が容易にするなどがあります。

ただ、現状は新規作成ドキュメントにのみ適用されるようです。



右上の「Discussions」→「Show discussions」でコラボレーションのコメントを投稿する事ができます(こちらを参照)。




実際に、共同編集者とのコラボレーションを開始した様子はこちら。(覚書:共同編集するドキュメントはURLで通知)




コメントにプロフィール画像が添えられています。



共同編集者が"女性3人、七夕の商店街を散歩"をタイトルとして追記した所がこちら




コメントと併せて、右には編集者の作業の様子が時系列で表示できます(デフォルトは非表示)。これまでと違い、コメントと作業の様子が分離されたのでスッキリしました。


共同編集者がファイルを更新すると、ファイル所有者にはメール(こちらを参照)が送られます(タイトルの表示が若干おかしい・・・ですが、「詳細を表示」すると正しい表示になっています)。




この指定は「Discussions」→「Discussion notification settings...」でできます(デフォルト設定で可能。こちら)。





 
posted by 鎌倉太郎 at 19:51| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-Googleドキュメント | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック