2011年03月18日

WindowsPCでの節電方法やバックアップ方法


マイクロソフトでは節電対策として、こちらでWindowsPCを節電して使う方法やバックアップをとる方法について説明しています。


節電については基本的に、「電源管理」の省電力モード設定とモニターの明るさ調整です。しかし、必要な情報を収集する時を除いて、PCを停止するのが一番。計画停電の時間帯には事前に停止して、PC障害の防止も必要です。


バックアップについても、ファイルやシステムのバックアップ(と復元)について通常の方法を解説しています。

こちらこちらに無料ファイル同期・バックアップソフト配布サイトを掲載していますので、必要により利用してください。勿論、有料ソフトもあります。


バックアップでは以下のような保管場所の長所・短所をチェックしておく必要があります。
  • ハード ディスク (内部または外部)
  • その他のリムーバブル ディスク(USBメモリー、SDカード)
  • 書き込み可能な DVD および CD
  • ネットワークの場所(所謂、クラウド)

ネットワーク(所謂、クラウド)上にバックアップする無料サービスについては、こちらこちらこちら(他にもあり)に投稿しています。


無料のバックアップサービスは3~10GB程度ですが、常々使うファイルのバックアップ容量としては十分なのではないでしょうか(必要なら複数のサービスを使う手も・・・・)。後は定期的に(マニュアルでコピーしてでも)バックアップすれば良いと思います。

この際の注意として、クラウドにファイルを保管した時のアクセスURL、IDとパスワードは忘れないように・・・・


我家では少しでも節電になるよう、24時間動かしていたNASサーバーを必要な時間帯だけ立ち上げる事にしました。また、蓄積しているファイルはUPSを付けたRAID5のNASサーバーに保存していますし、最低限必要なファイルのバックアップはクラウド上にもしています。


 
posted by 鎌倉太郎 at 00:18| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | IT環境 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック