2011年03月16日

少し良くなった東京電力の計画停電の地区グループ分けサービス


前の投稿で、東京電力の計画停電の地区グループ分けについて、自宅地区のグループ番号を検索する事について書いています。最終的には東京電力のウェブサイトのpdfファイル(Excelファイルもある)で確認しなければならないのですが、兎に角も自宅地区のグループ番号は確認できます。



さて、買物を定期的にしなければならない主婦の人達にとって、買物をする商店街なども計画停電に合わせて閉店している状況などの情報は重要です。そこで自宅地域のグループ番号だけでなく商店街のグループ番号も知っておく必要があります。近くであれば同じグループである事が多いと思いますが、グループの境界であるとか(それを知る事も大変です・・・)、グループが入り組んでいる地域では、商店街の住所を調べたりしなければならず大変・・・


そこでこちらで東京電力の詳細表にある住所をGoogle Maps上にグループ番号で色分けしてプロットしてくれました。

Google Crisis Response 計画停電情報





実際に、自宅の住所を入力してズームインすると、近くに色分けされた小さなが付いています。例えばこちらを参照。





Google Maps上で近くの商店街まで移動すれば簡単にグループ番号を知る事ができます。それでも地域によって分り図らいですが、東京電力の詳細表データによる限界というものでしょう・・・・・


 
ラベル:Google Maps
posted by 鎌倉太郎 at 22:13| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-東日本大震災 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック