2011年01月12日

カシオ社が写真を絵画調に変換する無料オンラインサービス「イメージング スクエア」を公開


プレスリリースによると、カシオ社が1月11日から写真を絵画調に変換する無料オンラインサービス「イメージング スクエア」を公開しました。



「イメージング スクエア」はこちらからアクセスします。

イメージングスクエア





まず(無料の)新規ユーザ登録で1GBの無料スペースが確保できます。このストレージはアップロードファイルや変換イメージの蓄積に使われます。

アップロードした写真には、このサービスで「絵画変換」や「HDRアート」変換ができます。



絵画調変換はこちらで判る通り、「油彩」「重厚な油彩」「ゴシック油彩」「野獣派油彩」「水彩」「ガッシュ」「パステル」「色鉛筆」「淡彩点描」「シルクスクリーン」「ドローイング」「エアブラシ」の12種類があります。




各変換の種類に対するパラメータがないので非常に簡単に絵画変換できます。この変換サービスに限りませんが、気に入ったイメージが出来上がるまで各変換を試してみるのが良いでしょう。

こちらは期待と出来上がりイメージが一致した場合です。

飛騨高山美術館(油彩)





こちらは思わぬ拾い物をしたという感じでしょうか。

河津桜(野獣派油彩)






もう一つの「HDRアート」変換は、露出の異なる複数枚の画像を合成するHDR(High Dynamic Range)技術を活用するとの事です。こちらのようにパラメータとして「弱」「中」「強」があります。


https://itudjq.bay.livefilestore.com/y1p_nPAJ-FRFQCsTewTYMVJRzynrd48Kz4MCsMw_EdIAvd3BbsqgdlYKAXKqyZJXl_97rzIAIFEXQIae7At_pFMa5lBsyH_cX_G/ImagingSquare_HDRimages_Menu.jpg?psid=1

ImagingSquare_HDRimages_Menu.jpg (JPEG 画像, 736x724 px) - 表示倍率 (95%) via kwout

 

 

HDR変換は「Google Picnik」にもある機能ですが、「弱」指定がこちらで、「強」指定がこちら

 




「イメージング スクエア」では、「弱」指定がこちらで、「強」指定がこちらですから、面白いイメージを作る為には強弱の差をもっと出して欲しかった。







「ダイナミックフォト」として切抜きや合成が簡単にできますし、「絵画変換」や「HDRアート」変換したイメージは、「投稿ギャラリー」として公開できます。

少し工夫をして面白いイメージを作ろうとする時に不満はありますが、簡単な操作で写真から絵画風イメージに変換できるのは嬉しいサービスです。


 
posted by 鎌倉太郎 at 03:37| 神奈川 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 体験利用 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
イメージングスクエアスタッフのベジペコと申します。
http://art.casio.com

大変遅くなりましたが、イメージングスクエアをご利用いただき、誠にありがとうございます!

2012年6月26日にイメージングスクエアがリニューアルしましたのでお知らせ致します。

バーチャルペインターの変換種類が19種類に増えました!

現在も無料のままサービスを継続させていただいておりますので、是非体験してみてください。

また変換後の楽しみとしてご用意させていただいているプリントサービス『撮ったアート工房』もリニューアルし、作品を飾るための新ラインアップも多数追加しておりますので、併せてご案内させていただきます。
http://dpac.jp

今後とも、イメージングスクエアおよび撮ったアート工房をよろしくお願い致します。
Posted by ベジペコ at 2012年07月05日 15:14
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック