2010年12月06日

アナログ・ビデオ・レコーダーに「デジタルチューナー」経由で録画はできない・・・・


こちらの投稿で、我家でのNTTフレッツTVの導入と映像関係機器との接続について投稿しています。エコ・ポイントとの関連からデジタル・テレビへの買換えが急増して、出荷待ちや工事待ちになっていると聞きます。幸い我家はデジタル化への配線(ネットワーク)は終わっているので、(エコポイントは認識しながらも)デジタル機器の購入だけになっています。また、PCではデジタルとアナログの両チューナー機能を持っているので、最悪の備えはありますし・・・・ブラウン管のテレビが長持ちしているお陰で・・・・、特に急いではいない状況です。その代わりに機器のエコ性能を求めています。

そうは云っても、アナログ・ビデオレコーダー機能としてのAVサーバー「AX300」が退役(?)する対策を考えておく必要があると思っています。つまり、退役後の身の振り方・・・そこで視聴予約機能がある「地上デジタルチューナー」を使って、AVサーバー「AX300」にアナログ変換して録画ができないかを試してみる事にしました。

しかし、以下は失敗談・・・・ですから、もし同じ事を考えているようでしたら、参考にしてください。


各種機器の接続は、
フレッツ光テレビ系の同軸ケーブル
 - デジタルチューナー - AVケーブル
 - AVサーバー「AX300」 - AVケーブル
 - アナログテレビ
という順番です。


まず視聴する機能については問題なく各チャンネルの番組を見る事ができました。勿論、番組表も見る事ができます。

NTTフレッツTVでは1本の同軸ケーブルで地上デジタルもBSデジタルも流れているのですが、BSデジタル対応の「デジタルチューナー」でない場合は、BSデジタルの番組は見られません。

今回使った「地上デジタルチューナー」には視聴予約機能が付いているので、番組表から選択して予約しましたが、見ている番組から強制チャンネル替えになっていました。


録画機能については、「地上デジタルチューナー」の視聴予約機能で番組表から選択をした上に、AVサーバー「AX300」の予約機能で(番組表はアナログ系を表示するので)開始・終了時間指定(チャンネルは入力系統で固定される)をして行いました。

結果は最初の数秒間だけ録画がなされたものの、「コピーガード信号を受けたので、録画停止」になりました。チューナー・メーカーの回答は、「コピーガード信号はそのまま流している」との事。「AX300」のマニュアルには確かに「コピーガード信号(コピーワンス含む)を検知すると、その間の映像は・・・・記録されません」とありました・・・・


 
posted by 鎌倉太郎 at 17:47| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | IT環境-AVサーバ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック