2010年11月28日

Google ChromeチームがHTML5を使ってウェブに関するガイドブックを作成・公開【改訂】


公式ブログによると、Google ChromeチームがHTML5を使ったウェブに関するガイドブック「20 Things I Learned About Browsers & The Web」(英語)を作成・公開しました。

日本語化されました(こちらを参照)。


若干グーグル社の環境を中心とする記述になっていますが、(英語で不自由なく読める人には)一つの見方を示しているという意味で良いガイドブックかもしれません。

最新のHTML5対応ブラウザであれば読めるとしていますが、私のPC上にある次のブラウザでは(基本的な動作を)確認しました。
  • Internet Explorer 9 β
  • Firefox 3.6
  • Google Chrome 8 β
  • Apple Safari 5.0
但し、「Opera 11 β1」は上手く動作しないようです。   


実際、こちらからアクセスします。

「20 Things I Learned About Browsers & The Web」




ページの右端にマウスを置いてクリックするとページ捲りなどもできます。


このYouTube動画は、若干「もったいぶった」操作になっていますが、動きが分りますので参考まで。

20 Things I learned about browsers and the web






HTML5の仕様としてどの程度の範囲を利用しているのかは分りませんが、この範囲であればメジャーなブラウザでは共通に実装できているという証になります。

また、これまでアップル社やグーグル社が、HTML5関連のモデルサイトでは自社製ブラウザ以外では動かないようにしていたのが、他社製ブラウザでも(特別な実装仕様を使わずに)見られるようにした事は大変に良い事だと思います。


【改訂】2011年06月04日 01:15 日本語化について追記


 
posted by 鎌倉太郎 at 23:48| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック