2010年10月15日

サンディエゴ・ロサンゼルス2010 - 航空ショー(1) デモ飛行の写真など


今回の旅行のメインテーマである航空ショー(MCAS Miramar airshow、米海兵隊航空基地ミラマー航空ショー)は、10月1日(金)から3日(日)に掛けて行われていました。10月1日昼過ぎに成田を発って、サンディエゴ(San Diego) には同日1日の昼過ぎに到着していますので、ホテルへのチェックインなどもあり1日(金)の航空ショーは見られず2日(土)と3日(日)になりました。
尚、MCAS:Marine Corps Air Station

航空機などに詳しくないので一般的な内容になるかもしれませんが、まず最初に航空ショーのデモの様子を投稿しておきます。ここでの航空ショーはイギリス・ファーンボローエアショーやフランス・パリ航空ショーなどの商談目的のショーではなく、米軍の広報(パイロット練度の示威、機体自体の誇示?)が目的のショーですから、米軍関連の航空機になります。



デモの機体としては、戦闘機(&攻撃機)の
が中心ですが、ヘリコプラーによる攻撃や兵員・兵器運搬のデモ(低空からの兵員降下を含む)もあり、攻撃態勢に合わせた地上での爆発など実戦を思わせるデモもありました。



デモスケジュールとしては、「Morning Schedule」(9:00~)、「Afternoon Schedule」(11:00~15:40ぐらい)と土曜だけの「Twilight Schedule」(17:30~21:30?)になっています。何れも無料で見られます。私は2日(土)と3日(日)の両日共に「Afternoon Schedule」だけを同じ内容で見ました。


各戦闘機などの内容・性能などは専門のウェブサイトを参考にしてもらうとして、本投稿ではデモのショットを掲載しておきます。

F/A-22 ラプター





F/A-22 ラプターが超低空で急旋回(蒸気のようなものは、高速飛行における空気中の湿気圧縮による現象)





F/A-18 スーパーホーネットが低空で旋回





AV-8B ハリアー(Harrier) IIが垂直上昇





通常の固定翼機とヘリコプターの機能を併せ持つMV-22A オスプレイ(Osprey)が垂直着陸





MV-22A オスプレイ(Osprey)が通常の航空機のように旋回飛行





CH-53E スーパースタリオン(Super Stallion)の編隊飛行





輸送機C-130T ハーキュリーズ(Hercules)もデモ





攻撃態勢に合わせた地上での爆発など実戦を思わせるデモ







これも実戦さながらの爆発ですが、少し笑わせてくれました・・・・・






航空機が音速を突破する時の衝撃波(Shock Wave)のように、(本当の衝撃波ではなく、高速飛行における空気の湿気圧縮による・・・・)機体後部に蒸気円錐現象が発生する低空飛行もあったのですが、旧型で性能の低いデジカメの悲しさ(…タイミングを掴めない撮影技術?)で撮影する事ができませんでした。


しかし、その時の映像がYouTubeに登録されていました。

Super Hornet w/ Vapor Cones, MCAS Miramar, October 2010






勿論、米国海軍のブルーエンジェルス(Blue Angels)アクロバット飛行もあり、カナダ空軍のスノーバーズ(Snowbirds)も友軍参加していましたが、アトラクション飛行については次回に。


 
posted by 鎌倉太郎 at 21:37| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-米国・西海岸 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック