2010年09月05日

「Windows Live Essentials 2011」ベータ版を使ってみる(3) - Windows Liveフォトギャラリー(3)


今回は「編集」タブの「調整」にある「修整」("修正"ではありません)について。


「修整」は写真に(レンズにゴミが付くなどで)入り込んだ邪魔な部分の削除ができます。写真の構成上で不要な小さなものやしみなどが消せるというのは、綺麗な写真を用意する上で時々必要とする機能。

まず原本の写真がこちら(赤丸が削除しようとする部分)。





原本の写真を表示して「修整」をクリックし、削除したい部分をこのようにドラッグで囲みます。





結果がこちら。灯篭の頭部は1回で完全に取りきれなかったので、3回ほど繰り返しました。






小さくて背景が単純であればより綺麗に削除できますが、背景が複雑であったり(少しづつ削除するにしても)対象とするものが全体として大きいのであれば、シミみたいな部分が残ったり別の部分の映像が映り込んだりします。それでも操作1回戻したり初期状態にしたりしながら、何度も繰り返す事で削除はかなり可能ですが、不満の残る状態になるのは現状仕方のない事でしょう。その1例で原本の写真がこちら(赤丸が削除しようとする部分)で、処理した写真がこちら








 
posted by 鎌倉太郎 at 22:45| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-OneDrive | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック