2010年07月24日

スイス「氷河急行」の脱線事故【続報】


前の投稿で掲載しているスイス「氷河急行」の脱線事故は、日本人中心の死傷者のようです(こちらを参照)。

事故現場の写真





脱線の原因は掴めていないようですが、事故現場での救助活動の映像(こちらを参照)が掲載されています。





第1報の時に「水道橋付近」で事故との情報の意味が分かりませんでしたが、上の映像やこちらを見ると確かに橋梁の近くで起きています。




もし橋梁の上で脱線したらもっと大惨事になっていた可能性があります。


こちらの報道によると、脱線した3両は最後部に接続されていた1等車のようです。その車両に日本人ツアー客が多く乗っていたという事で、日本人中心の死傷者がでる事になったのでしょう。

最後尾の車両は完全に横転、その前は真横に、更にその前は45度傾斜といった状況のようです。変な推測はしないようにする必要がありますが、車両の連結数(列車の長さ)とカーブから直線になる所でのスピードを上げるタイミングに原因がありそう。前に行われていたという工事との関連も云われています。


 
ラベル:スイス Switzerland
posted by 鎌倉太郎 at 17:09| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-スイス | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック